テーマ:映画

映画「ボトルドリーム」鑑賞と食事・ワインセミナーの会ご紹介

1976年のパリテイスティングにおいて白ワインの部で1位となったシャトーモンテレーナを舞台とした映画「ボトルドリーム」(原題:ボトルショック)の鑑賞とワイン付きの食事、そしてワインライターの葉山考太郎さんのワインセミナーと映画解説を一緒にしたイベントが10月29日東京ミッドタウンのビルボードであります。 詳細は、こちら。 葉山さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vertical (小説Sideways続編)

昨年11月末、小説Sideways(同名映画の原作)の続編が出版されました。今回のタイトルはVertical。 アメリカから一時帰国されたuさんにお願いして1冊ハンドキャリーしてもらい、読んでいます。口語英語や知らない単語だらけですが、2/3程読み進んだところです。 これから読まれる方にネタばれになっては怒られるでしょうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サイドウェイズ」

既に試写会で観させて頂きましたが、改めて上映中の映画「サイドウェイズ」を観てきました. 場内は7,8割りのお客さん.上映館があまり多くないこともあってか、なかなかの賑わいです. 写真 (C)2009 Twentieth Century Fox and Fuji Televesion  つい10日ほど前には私も車を走らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他のサイドウェイズなワイナリ+追記

St.Helanaの街を過ぎたところから左に入り、山をジグザグに上って行くとNewtonがあります.広大な敷地にまず驚かされます.テイスティングは事前のアポイントメントが必要.電話でのコンファームかメールでクレジットカード情報を連絡する必要があったことと、時間も読めなかったのでワイナリの様子だけ拝見しました. Newtonから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サイドウェイズ」試写会

2005年劇場公開されたアメリカ映画「SIDEWAYS」はアカデミー賞脚色賞を受賞する等、高い評価を受けワイン愛好家を楽しませてくれた映画であったばかりでなく、ピノノワールの流行を加速させた影響力のある映画でもありました.既に皆さんご存知と思いますが、この映画が日本版「サイドウェイズ」としてリメイクされ10月31日から劇場公開されます.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画でワインレッスン@Manner-Bo

ワインジャーナリストの青木冨美子先生をお迎えしての「映画でワインレッスン」がManner-Boで開催されましたので参加して来ました. 今回のメインテーマは映画「プリティウーマン」. 主人公2人がシャンパンと苺をとるシーンを見ながら、まずはシャンパーニュ2種を比較試飲.前者はフルーティーで甘みがあり(Demi Sec)、後者はドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本版Sidewaysの予告編

麻布十番CWGのブログ、三軒茶屋のみ山のブログで、この秋上映される日本版Sidewaysの予告編が公開されていることが報じられています.早耳ですね. Sidewaysは2003年公開され、2004年のアカデミー賞脚本賞を得た映画.サンタバーバラ近郊のワイナリ地域が舞台となっていました.今回の日本版は部隊をナパに移して撮影されていま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

BOTTLE SHOCK

この映画、楽しみにはしていたものの結局日本では配給されないようなので、アメリカから一時帰国されるuさんにDVDを持ち帰って頂きました.日本で購入したDVDプレイヤーでは再生できないのでノートパソコンで再生・鑑賞. 物語は1976年にパリで行われたフランスワインとカリフォルニアワインのブラインドテイスティング会で白ワイン1位となった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジャンパー

先行上映で『ジャンパー』を観て来ました. 昔からテレポーテーションをする超能力者がSF映画や漫画に出て来ました.子供の頃、そんなことができたらと憧れたものです. この映画はジャンパーと呼ばれるテレポーテーションできる青年が主人公のお話.これから上映される映画ですし、映画の内容については書きません.最近の映画はコンピュータの力でお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

雨も降り寒い休日となった土曜日、寒いからと言ってずっと自宅に引きこもっているのもなんだったのでポイントも溜まっていたことですし映画を観てきました.映画は「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」. 映画は映画でしか画像にできないような荒唐無稽なものが好きです.このシリーズ、前作も荒唐無稽でしたが、今回は前回に比べよりそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイ アム レジェンド

正月休み最後の休日、正月映画でも1本観ようと映画館へ.ウィルス・スミスは好きな俳優の1人なので「アイ アム レジェンド」を観ました. 世界に1人残ったらと想像したことはあって(変でしょうか?)、その時は、誰か他に生き残っている人はいないか探すのは当然として、かと言ってまともな人が残っているとは限らないのでどうやって護身の術を探すか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALWAYS 続・三丁目の夕日

封切りから時間が経ってしまいましたが、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観て来ました.もうお客さんは少ないのではないかと思っていたのですが、かなり多くの人.やはりこの映画は人気なのですね. 想像していなかったシーンから始まります.たしかに時代的にはこの頃だったんですね. 何ぶん二作目なので前作ほどは楽しめないかと思っていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A Good Year

会社の前の映画館で"A Good Year"(邦題「プロヴァンスからの贈り物」)を上映しているのに気づき、時間は遅くなりましたが会社帰りに観て来ました. "A Good Year"と聞いただけでどんな映画かわかる方はきっと"Sideways"も観たことでしょうね.例によって、映画の内容について書くとこれからご覧になる方には迷惑になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

deja vu

2月の暖かい頃には、3月下旬にはもう桜も咲いてコートも要らなくなっているだろうと思っていたものの、にわかに寒い日が続く様になって、そんな時には映画をとポイントが溜まって無料で観られる事もあって出かけて来ました. 観たのはデジャヴ.テレビで観る予告編に現れる街がNew Orleansに違いないと思われたのも見る映画に選んだ一つです.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それでもボクはやってない

昨日のワイン会でなぜか「Shall we dance」の話題がでたり、手鏡教授の話もでたりしたのですが、だからと言う訳ではなく、周防監督11年ぶりの映画「それでもボクはやってない」を観て来ました. 例によって映画の内容は書きませんが、痴漢冤罪で逮捕された青年が起訴から裁判・判決に至る物語です.多くの人が楽しめた「Shall we …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せのちから

ウィル・スミスの映画「幸せのちから」を観て来ました. 一昨年の9月、旅先のサンフランシスコでロケ現場をたまたま見た映画でしたので、そんな興味もあって観に行って来ました. ポータブル骨密度測定器が当たるだろうと買い込んだセールスマン.思惑とは裏腹に全然売れず、ホームレスに.そんな主人公と息子の物語です.原題はThe pursuit…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

硫黄島からの手紙

封切りから時間が経ちましたが、「硫黄島からの手紙」を観て来ました. 映画の説明は不要かと思います. とてもアメリカの映画とは思えないものでした.ほとんど日本人の俳優で、ほとんどが日本語だからと言うことだけでなく、映画自体がそう思えたのです. ところで、ウィルスミスの「幸せのちから」原題「The Persuit of Hap…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カジノロワイヤル

「かじのろわいやる」を変換すると「火事のロワイヤル」になってしまいました.さて、連休は雨に強風と続き、3日目にしてようやく良い天気に.その間、浴室の床磨きなど本来年末の大掃除でやっておくべきではないかと言う様なことをやっていました. 今日は007シリーズの新作カジノロワイヤルを観て来ました.長く続いているシリーズですが、ジェームズ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

楽しみな映画

映画館で予告編を見て以来楽しみにしている映画がこれ.映画館にはディスプレイも出ていたりしますが、アメリカではThanks Givingの今週既に封切られているものの、日本で公開されるのは来年の3月だそうです. 予告編で、ペンギンのコーラスやタップダンスをご覧になった方も多いことでしょう.ペンギンの愛嬌のあるキャラクターは洋の東西を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Children of Men

雨も降って寒い日曜日、会社でも「どうやったら手に入るんだろう.」とおじさんたちにも有名になったDEATHNOTEを観ようかと思いましたが、ちょっと人気今一歩の邦題「トゥモローワールド」を観て来ました. 原作はP.D.Jamesの小説「The Children of Men」.2027年を舞台にしたSF小説です.あるとき女性たちがみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flags of our Fathers

三連休の最後、日曜日に邦題「父親たちの星条旗」を観て来ました. クリント・イーストウッドが硫黄島を題材に映画を撮ると聞いた時「なぜ今、硫黄島なのか?」疑問に感じました.アメリカ人にとっては、星条旗を掲げたシンボリックな戦いの島でも、日本人にとっては玉砕の島ですから. 映画を観てみると、その理由がわかった気がします.もう一作の「硫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄に乗って

笑わせてもらい、またしんみりさせられながらも、微笑ましく観た映画「ALWAYS 三丁目の夕日」からもう満1年なんだと、テレビで流れるこの「地下鉄に乗って」のCMを観て思い出しました.そこで映画館に. この映画、浅田次郎氏の小説を映画化したものです.主人公が地下鉄の出口を出ると昭和39年にタイムスリップすることから話は始まります.地…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Lady in the water

10月になりました.早いものです. 1日と日曜日が重なりましたので映画を観てきました.Lady in the waterと言うとこのブログを読まれる方にはわかるでしょうね.そう、SidewaysのMiles役Paul Giamattiが出演する映画です. 今回Giamattiが演ずるのはアパートの管理人.忘れられない悲しい過去を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本沈没

映画館のポイントを使って観て来ました. もういつだかわからない位昔に小松左京の小説を読んだことがあるのですが、既に主人公の名前も覚えていない状況でしたので、新しい映画を観た思いでした. そんな原作を覚えていない状況でも、ストーリーは随分現代風にモディファイされている感じです.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近見た映画

月曜日に年に1度の健康診断が控えています.昨年はちょっとひどい目にあいました.アルコールとは関係ない、それも結果無罪だったので何のことはないのですが、今年は(今更どうしてもしょうがないのですが)健康診断の直前だけはアルコールを控えています.いえ、実はPinot Days以降、ワイン会を除けば自宅で飲んだワインは1本のみ.肝臓を労わる日々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナルニア国物語第1章:ライオンと魔女

ちょっと映画にご無沙汰していたことと、そろそろ観ないと終わってしまいそうなので、「ナルニア国物語第1章:ライオンと魔女」を観てきました. 昔、日曜映画劇場の解説で淀川さんが『冒険活劇は映画の基本』みたいなことを言われていましたが、私はテレビでは到底実現できないような荒唐無稽な話が好きです.映画館の大画面と音響の中で観るのはまた格別です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュンヘン

スピルバーグの新作『ミュンヘン』を観て来ました. テレビで映画のコマーシャルも始まっていますし、どのような内容なのかは映画好きの方は既にご存知のことでしょう.もちろん、スピルバーグ作品だからと言って娯楽映画ではなく非常にpoliticalな内容の映画です.気軽に楽しめる映画ではありませんが、賛否両論のこの映画に関して、私自身は良く作ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SAYURI

3連休の初日、寒い日には映画とSAYURIを観に行った.私がよく通う映画館はポイント制で、今回はポイントがたまっていたので無料.満席に近い混みようだったが、無料となれば気にならない(笑) 原題はMemories of a Geisyaだった.感想としてはこれが全てを表している気がする.セリフはほとんど英語なのだが、ところどころに日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロケ

Fall Festの会場を離れ、Union Square方向へ歩いていると、MontgomeryとBushの角近くで道路に車が渋滞の様になっています.どれも古い車で、ライセンスプレートも古いカリフォルニアの黒いものだったりします.よく見ると誰も乗ってない!もう少し歩くとそれがロケの現場だとわかりました. サンフランシスコは映画や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sideways DVD

今日SidewaysのDVDが発売されました.さっそく買ってしまいましたが、本編からではなく収録された解説や未収録シーンから観てみました.解説を観ると、なぜ映画の色合いがちょっと違っていたのか説明を聞くことができます.未収録シーンには、上映時間を約2時間に収めるため削除されたシーンが納められていますが、原作の本にも映画にもなかった場面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more