テーマ:アメリカ旅行

Pinot Days 2011 (3)

久しぶりに会うPeter Cargasacchi氏。 2008年のCargasacchiは酸が豊か。ちょっとしゃりしゃりした感じも。2009年はやはりタニック。 写真はClos PepeのWes Hagen氏。 07,08,09のピノノワールが垂直で出ていました。2008年は霜害があって生産量がとても少なかった年。酸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pinot Days 2011 (2)

Eric Kentは廉価版のピノノワールSARAPOを新しくリリースしていました。価格は$20とのことでしたが、とてもバランスの良い味わい。 しかし、その後通常のEric Kentを飲んでみると格違いを感じさせます。2009のStirling Vydは酸もタンニンも強いワイン、一方2010年のバレルサンプルは2009よりマイルド。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pinot Days 2011 (1)

18日土曜日は旅のメインイベント、Pinot Days 2011へ出かけました。今回はトレードチケットを発行して頂き、無料の上に11時から5時まで滞在できると言う恩恵を頂きました。場所は例年通りフィッシャーマンズワーフの西にあるフォートメイスン。 入場してまずグラスをもらいます。今年はロゴの無いブルゴーニュグラス。 今年は久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pisoni Vineyards and Winey訪問

次に訪ねたのは株式会社ilovecalwineが輸入しているPisoni。ご存知の通り葡萄畑はSanta Lucia Highlandsにありますが、醸造はSanta Rosaのビジネスパークにある設備で行われています。同じビジネスパーク内には、SaliniaやCarol Shelton、また昨年訪問したBjornstad等もあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bottle Barn

ワイナリを回る間にSanta RosaにあるワインショップBottle Barnへ。このお店では何と言ってもその品揃えに圧倒されます。 好きなピノノワールの棚を中心に見て回りましたが、今回魅かれるものは特になし。ロゼのところにあったMacPhailにはちょっと心魅かれました。一昨年ワイナリで試飲・購入したロゼがとても美味しかったで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dehlinger Winery訪問

今年もPinot Daysに参加するために渡米しました。 前年まで成田発着だったJALサンフランシスコ便は、羽田空港国際化によって羽田発着へ変更。深夜12時5分発となっています。前日夜はワイン会があり参加。夜10時の宴もたけなわの頃、ちょっと残念な思いをしながら「お先に失礼します」と退席し羽田へ向かいました。空港宅配サービスで予め送っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お勧めブログ "American Wine Journey"

フランスワインが産地毎に明確に意識されている一方、カリフォルニアのワインはひとまとめにカリフォルニアワインと扱われることが多い状況にあります。しかし、異なる場所あるいは異なる作り手のワインを味わって見るとその違いに驚かされることがあります。それが故に、カリフォルニアの地勢や土壌の違いによるワインへの影響をもっと知ってみたいと思われること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cyrus@Healdsburg

ソノマワイナリ巡りの夜はHealdsburgにあるミシュラン2つ星レストランCyrusへ。OpenTableで検索したら運良く席が取れたので行ってみました。 先ずはグラスシャンパンで喉を潤したあと、食事に。 Canapes Amuse Bouche Soup Billi-Bi-with Fennel Puree an…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Small Vines訪問

28日は朝から同行uさんとソノマのワイナリを訪問。 最初に訪れたのはSmall Vines。PaulとKathrynのSloan夫妻が営むワイナリです。今回ワイナリを訪問するため、Pinot Daysではブース訪問しなかったのですが、ちらっと見たとき参加していたのはPaulだけ。ワイナリに行ってみると理由が判明、Kathrynは松葉杖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6th Pinot Days Grand Tasting on June 27

今年もサンフランシスコで開催されたPinot Daysに参加して来ました。第6回と言いますから、第2回から参加しているので早くも5回目になります。第1回は40程の参加ワイナリだったと聞きますが、今回はその数なんと220。とても全部回れる数ではありません。参加ワイナリが増えている傍らで、MacPhail, PEAY, Dain等今年は参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

San Francisco Crustacean

夕食はSan Francisco宿泊の際は必ず訪れるCrustaceanへ。 前回も楽しんだのですが、ワインリストにAubert Ritchie CH 2003が$100であったのでこれをオーダー。リリース時に$60程だったと思いますので、これはお得な価格です(次回も残っている様に内緒にすべきか)。 今日のスペシャルでカラマリが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lamborn Family Vineyards訪問

Lamborn Family Vineyardsを訪問。 晴天の中、葡萄の木々は青々と育ち、蔓を延ばしていました。畑ではこれを手作業で整理していく訳で、その手間は想像するだけで大変そうです。当主Mikeさんの腕は肘から既に日に焼け、苦労が察せられました。 葡萄には既に小さな果実が着いています。これも整理されて行きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Napa市街散策

Mason Cellars訪問の前後に、ちょっと市街を歩いてみました。 Oxbowのマーケットには、あの有名なハンバーガー屋Taylor's Automatic Refresherがあるはずと探してみましたが、見つかりません。別なハンバーガー屋しかないなと話していると、そのハンバーガー屋こそがそうでした。何でも最近店名を変更したのだそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mason Cellars訪問

株式会社ilovecalwineで扱っているPomelo Sauvignon Blancを作っているMason CellarsのRandy Mason氏をナパにあるテイスティングルームに訪ねました。 ここはナパのダウンタウン、1st Street沿いにあって便利な場所です。 Randy Mason氏は1970年代から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROAR訪問

Pisoni Vineyard訪問の後、Markに先導されてROARを訪ねました。やはり先にNever Lostが示したのとは別の場所! ROARの醸造設備はサンフランシスコのAugust Westにあるので、今回の訪問先はRosella's VineyardにあるGary Franscioni氏のオフィス。オフィスは自宅に隣接してあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pisoni Vineyard訪問

最初の訪問予定は13時にROARでした。Gary Francioni氏から聞いたアドレスをNever Lostに入力して、ROARを目指します。ストリートアドレスにある道路までは順調に運んでくれました。何分初めての訪問なので土地勘はまったくなく、GPSだけが頼りです。 "You have arrived."とアナウンスされた場所は、右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日目、南へ

二日目の予定はサンタルシアハイランズ訪問。 8時半にホテルを出てフリーウェイを南下します。通勤時間帯にも当るので渋滞をなるべく避けようと101号から280号へ。HertzレンタカーについたGPS "Never Lost"がしきりに101号から外れたと文句を言います。280号と101号を結ぶ380号分岐が近くなると、380に乗って101…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い一日

サンフランシスコに着く前に少しでも寝ておこうとして、ようやくうとうとしたところで隣の人に起こされ、それで目が冴えて眠れぬままにサンフランシスコに到着。機内アナウンスで「天気は曇り、気温は13度です。」等と言います。半袖のままでレンタカーを借りに向かうと本当に寒いこと。すれ違う人にはコートを着ている人までいる中で半袖ポロシャツは自分でも寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンフランシスコへ

日曜日にサンフランシスコで開催されるPinot Daysのグランドテイスティングに参加するため、サンフランシスコに行って参ります。それ以外にもサンタルシアハイランドでROARやPisoniを訪ねたり、時間は短いですが、ナパ、ソノマにも行く予定です。 では、行って参ります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6th Pinot Daysチケット購入

6月の最終日曜日、今年もPinot DaysのGrand TastingがSan Francisco Fort Mason Centerで開催されます。第2回から毎年参加していますが、今年も参加することにしました。そんな訳でチケットを購入。昨年まではIPアドレスをチェックしているのか、米国以外からの購入は受け付けられなかったのですが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

French Laundry 2009.11.6のメニュー

先に書きました記事では写真を掲載しましたが、メニューを書いておりませんでした. メニューを入手しましたので、掲載します.French Laundry 訪問記事への追記は後ほど(先の記事を読んだ方は改めて戻らないかも知れませんのでメニューだけをここにまず掲載しておきます.ご参考まで.). CAULIFLOWER “PANNA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回訪問のワインショップ

このブログで一番アクセスの多い記事は「飛行機搭乗時のワインの扱い」なのです.皆さん旅先からどうやってお気に入りのワインを持ち帰るか気になさっているようです. もちろん、今回もワイン購入しました.そこでサンフランシスコのヒルトンホテル傍にあるNapa Valley Wine Exchangeへ.ここでスタイロフォームの購入が可能です.ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他訪問のワイナリ

これまた何年ぶりかで覗いてみたRobert Mondavi.相変わらず何台ものバスやリムジンが乗り付け賑わっていました.いろいろあっても元気であって欲しいワイナリの一つです. 私がブログのタイトルで「葡萄畑の中でワインを飲んで、爽やかなそよ風に吹かれながら昼寝でもできたら幸せだろうな」と書いているイメージに合うワイナリの一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他のサイドウェイズなワイナリ+追記

St.Helanaの街を過ぎたところから左に入り、山をジグザグに上って行くとNewtonがあります.広大な敷地にまず驚かされます.テイスティングは事前のアポイントメントが必要.電話でのコンファームかメールでクレジットカード情報を連絡する必要があったことと、時間も読めなかったのでワイナリの様子だけ拝見しました. Newtonから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The French Laundry@Yountville

ミシュラン3つ星、全米で一番予約の取れないレストランと言われるThe French Laundryに初めて行く機会を得ました.当地を訪問中のワインジャーナリスト青木先生と講座生の皆さんが予約を取られましたので、それに混ぜて頂いてのことです.皆様、貴重な機会を頂きありがとうございました. CAULIFLOWE…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Cyrus@Healdsburg

Healdsburgにあるミシュラン二つ星レストランCyrus、6月に訪問した際とても美味しかったので再訪しました. 入り口では「また来て頂いてありがとうございます.」と予約情報で顧客管理をしている様子. 席に着くとカナペが出されます(写真が横向きで済みません). グラスでKrugがあったので頂きます.$17ほど. メニュー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Rochioli訪問

Rochioliでソーヴィニオンブランが買えないかなと訪問. テイスティングルームの入り口には数年ぶりで猫がお出迎え、いえ誰が来ても泰然としているので決して出迎えてはいませんね.でも、元気そうです. この日試飲できたのは、シャルドネとシラー・ジンファンデルのブレンドワイン.これらにはあまり魅力を感じず. そのかわり、初めての経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lynmar Estate訪問

映画「サイドウェイズ」で唯一登場するソノマのワイナリLynmar Estateを訪ねてみました.折悪しく、この日のソノマは昼前から雨.霧雨のように、そして時折ちょっと強く降って来ます.カリフォルニアの冬は雨期になりますが、いよいよ冬の到来です. テイスティングルームと事務所がある建物の内部はとても奇麗なところでした. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bistro Don Giovanni

映画「サイドウェイズ」で4人が初めて顔を会わせるレストランがここ、Bistro Don Giovanni.ナパに向かう際、29号線の右側に見えるので建物を記憶されている方も多いのでは.イタリア料理が頂けます.今回私がオーダーしたのはボンゴレ. これのパスタ、味付けも美味しくアサリも沢山入っていて私はすこぶる満足. ウェイターに映…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Opus One訪問

Opus Oneを訪ねるのはもう何年ぶりでしょうか.レセプションで「予約が必要でない頃には良く来ていました.」と言うと「3年前から予約制にしたから」とのお返事.と言うことはCWFCのOpus Oneオフ会以来になるのかも知れません. 予約制でもテイスティングだけならその場で予約をすれば可能で(笑)、テイスティング用のカードをもらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more