Rhys Pinot Noir Family Farm Vineyard 2007

しばらくぶりでRhysのピノノワールを開けてみました。 抜栓直後はなんとも独特な香りがします。 腐葉土でもなければ所謂馬小屋集でもない、独特な香り。 しばらくすると弱くなって行きました。 チェリーや紅茶、ハーブの香り。 酸は豊かにあって、ミネラル感も感じられるワイン。 現代のカリフォルニアピノノワールにしては珍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rivers-Marie 2011 Springオファー

Rivers-Marieから春のオファーが来ました。 今朝メールを貰って、昼に覗いてみると、Sonoma Coast Pinot Noir以外は既に売り切れになっています。 はてさてどうしたことでしょうか。 秋には初めてのシングルヴィンヤードカベルネがリリースされるそうです。 2009 Rivers-Marie …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vertical (小説Sideways続編)

昨年11月末、小説Sideways(同名映画の原作)の続編が出版されました。今回のタイトルはVertical。 アメリカから一時帰国されたuさんにお願いして1冊ハンドキャリーしてもらい、読んでいます。口語英語や知らない単語だらけですが、2/3程読み進んだところです。 これから読まれる方にネタばれになっては怒られるでしょうから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の大猪の会@青山Latino

mixiのコミュニティ「東京ワインバー巡り」の新年会が北青山でありましたので参加して来ました。このコミュニティ、いつのまにやらメンバー数5,000人を超える大コミュニティになっています。 今回のテーマはワインよりは食材の方。何と猪です。場所は北青山のレストランLatino。 ・Jambon Cru de Sanglier &#2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Quilceda Creek Springオファー + 追記

Quilceda Creekから2008年ヴィンテージのオファーが来ました。 2007年ヴィンテージはパーカー100点でしたが、2008年ヴィンテージはまだ発表されていません。 2008 Cabernet Sauvignon Columbia Valley 750 mL $ 130 [12] [ ]内はアロケーション本数です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aubert 2011 Springオファー

Aubertから春のオファーが来ました。 実は昨年春のオファーに対しオーダーしたところ私のオーダーは受け付けられておらず、結局ワインを入手できませんでした。いつまでたってもデリバリがないなと思って調べてみたら、オーダー受付のメールも来ていなかったのに後で気づいた次第です。Araujoでもクレジットカードの処理がうまく行かずオーダーが受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Notre Vin 2005 Howell Mountain CS

昨年末に飲んだNotre Vinのカベルネを開けてみました。Notre Vinについては前回の記事をご参照下さい。 レッグスは多めながらアルコール度数はカリフォルニアワイン、しかもカベルネには珍しい13.8%。 ブラックベリー、鉛筆の芯、杉等の香り。それにハウェルマウンテンらしいスパイスも少し。酸は少し多めですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回CWGとのコラボワイン会開催決定

3回目となる麻布十番CWGとのコラボワイン会開催が決定しました。詳細につきましては、こちらをご覧下さい。 今回のテーマはいよいよPisoni ! Pisoni Vineyards and Wineryのワインを飲み比べます。 ワインは、 1.Pomelo Sauvignon Blanc 2008 (Welcome drink、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末年始のワイン

12月30日実家に帰省しましたが、降っていた雨は夜半から雪に変わりました。大晦日は大変寒い日で、昼間も雪が降り止みません。鹿児島だと、夜雪が降って朝ちょっと積もっていても、朝には降り止んで昼には全部解けてしまうのがいつものことなのですが、今回のように昼間もずっと降り続いたのは珍しいことでした。写真は実家の庭。私の実家がある地域はあまり雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰省

午後の便で実家のある鹿児島へ帰省しました。 鹿児島は雨模様。とても寒く、雨は夜半には雪に変わりそうです。明日大晦日はひょっとすると昼間も雪かも知れません。 夏には使えなかったemobileが通じましたが、メールは何とか受信出来たものの、Webはタイムアウトになってしまい使えません。 帰京までは携帯とiPhoneに頼るしかなさそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wine Advocate #192

ちょっと時間が経ってしまいましたが、12月24日にWine Advocate #192が発表になりました。 今回は"The Best of Northern California, Part I"として、ほぼナパのワインが特集されています。 先ずは誰もが興味を惹かれる100点満点ワインは以下の通り。 2008 Schrader…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Notre Vin Sonoma Coast PN Clos Madeleine 2007

Ch. Latourで生まれ育ち、セラーマスターまで務めたDenis Malbec(ドニ・マルベック)氏がカリフォルニアに移り作るワイン。もちろんCh. Latour出身なのでカベルネを主体に作っており、そちらに興味が引かれる訳ですが、今回はピノノワールを開けてみました。 このワイン、2007年ヴィンテージながらリリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kistler Kistler Vyd Sonoma Coast Pinot Noir 2006

クリスマスイブはローストチキンに食いつきながらKistler Kistler Vineyard Pinot Noir 2006を。 もうそろそろ飲み頃になって来ているかと思いましたが、1年程早かった様です。 外観は濃いルビー色。 黒ベリー系の香りに酸がまだ力強く、柔らかながらタンニンも後半になる程に感じられる様になりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイスティングセット@渋谷シノワ

ワインスクール同窓生のお誘いをうけ、久しぶりに渋谷シノワへ。 シャンパーニュで乾杯した後、頂いたのはワイン5種が付くテイスティングセット。 前菜3種にワインも3種。 テリーヌにはロワールのソーヴィニオンブラン。コロッケにはシチリアの白。葡萄品種は土着品種で名前を伺ったものの失念。やはり憶え難いです。アンフォラで熟成させたものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全米TOP5ピノノワールグランクリュ畑

メルマガ等を拝見していてPisoni VineyardやGarys' Vineyardが、かつて米国のWine Enthusiast誌で全米TOP5ピノノールグランクリュ畑に選ばれたことがある事は知っていました。では、残り3つは何処なのだろうと気になっていたのです。ところが検索してみてもこれがなかなか判らない。謎は深まるばかり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008 Rivers-Marie Summa Vineyard Pinot Noir Sonoma

久しぶりにRivers-Marieを飲んでみました。写真はちょっとピンぼけで失礼します。 Rivers-Marieは、Thomas Rivers BrownとGenevieve Marie Welshのカップルが作るワイン。お二人は夫婦ではありませんが、お子さんもいるパートナー同士。Thomas Rivers Brownと言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル賞晩餐会で初めてカリフォルニアワイン登場

サンフランシスコクロニクルの記事によると、ノーベル賞晩餐会で初めてカリフォルニアワインが使われたそうです。 使われたワインは2005 West Cabernet Sauvignon Reserve。 West WinesはKatarina Bondeとご主人が所有するワイナリ。二人ともスウェーデン出身で、IT業界で成功してワイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラインドテイスティング講座

少しでもテイスティング能力を良く出来ないものかと、今期はADVのこちらの講座に通っております。土曜日は全6回中の3回目でした。 先ずはコンポーネントテイスティング。 6種類の水溶液が用意されます。1つは全くの水。残り5種にはアルコール、酸、甘味、タンニン、オークが添加されています。今回は2回目の講座時より濃度がより薄くなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Quilceda Creek Spring オファー予告

次第に寒さが本格的になって来る年末の今日この頃と言ったところですが、Quilceda Creekから早くもSpring Releaseの予告が来ました。 オーダー受付は1月12日8:00am太平洋標準時からだそうです。 The 2008 Quilceda Creek Cabernet Sauvignon Columbia Val…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Brewer-Clifton Cargasacchi SRH Pinot Noir 2008

久しぶりにBrewer-Clifton Cargasacchi を飲んでみる事にしました。 その前に復習を、というか経過観察のためにCWGのSさんが残しておいてくれたワインの味わい検証です。 11月27日に開いたCWGとのコラボワイン会で開けたAugust West Rosella's Vineyard Chardo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンテミリオンの格付け決着

YOMIURI ONLINEの記事によると、混乱が続いていたサンテミリオンの格付けがようやく決着したそうです。 降格はなしで、新たな昇格はありと玉虫色の決着。10年毎に見直す意味も薄まるのではないかと感じますが、呼称資格試験を受験される方にとっては憶えるものが増えるのは悩みですね。新規昇格のところは出題され易いでしょうから要注意で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhone 4に替えました

登場以来ずっと使って来たiPhone 3G、力不足だろうとiOSのアップデートもせずに凌いで来ましたが、やはり動作が遅いのは否めません。アプリケーションの立ち上がりに一息、仮名漢字変換に一息と時間が掛かり、次第に我慢できなくなって来ました。そしてついにiPhone 4へ機種変更。 いろいろなところで既に言われているように、変更後と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年会@ホテル西洋銀座「Repertoire」

二夜連続で忘年会。今回はホテル西洋銀座のレストランRepertoire。 メンバーは呼称資格試験を受けた際のADV受験クラスで同窓だった皆さん。試験を受けてもう丸2年も経ってしまいましたが、クラス会が続いています。 今回はADV受講生の特典でRepertoireへのワイン持込みは無料だった由。個室も使わせて頂いて雰囲気満点の会となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年会@兜町「コルヴィエラ」

今シーズン初めての忘年会はADV Step3で同窓だった皆さんと兜町の「コルヴィエラ」で。『イタリア・フランスの国境を超えた「リヴィエラとコルシカ」のテイストを提案いたします。』とコルシカとリヴィエラからコルヴィエラの名前を付けられたのだそうです。 ワインは8人で9本。 先ずはシャンパーニュ2本。 ペサックネオニャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ROAR Pisoni Vineyard Pinot Noir 2008

先ずは丁度1週間前に飲んで少し残しておいたSiduriのEddie's Lotを1杯。 1週間前には果実味、酸、タンニンともに大きくバランスがとれたワインだったのに、時間とともに果実味が落ち、酸とタンニンだけが印象的なワインになっていました。 何故こんなことを試したかと言うと、前回同様に抜栓1週間後のSiduri Pisoni …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YOMIURI ONLINEにKistlerの記事

YOMIURI ONLINEのワイン漬けDiaryにKistlerに関する記事が掲載されていました。 『いくらでも絶賛できるキスラー』、なるほど。Aubertをはじめ素晴らしいカリフォルニアシャルドネが登場して来ても、やはりKistlerは素晴らしいですね。 YOMIURI ONLINEでは以前にもKistlerの訪問はまず不可能と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mariafeld 23

Mariafeld 23、と言っても新しいワインの名前ではなく、ピノノワールのクローンの名前です。スイスを起源とするクローンなのだとか。 Ed KurtzmanさんからSandler Keefer Ranch Russian River Valley Pinot Noir 2009のテクニカルデータを頂きました。それを読んでこのク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more