August West SLH Pinot Noir 2010

August West SLH Pinot Noir 2008がご好評を頂き、ほぼ売り切れたためにヴィンテージ変更を行うこととしました。今回販売開始するのは2010ヴィンテージ。2008を売り切るのに駆け出しインポーターはちょっと時間が掛かり過ぎ、ヴィンテージを1年スキップすることに致しました。 ご覧の通り2010年からラベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wine Advocate #196

日本時間の9月2日朝、Wine Advocate #196がリリースされました。 この号ではCentral Coastのワイン733種が評価されています。 注目されていたのは、評価を行うのが今回からロバート・パーカーではなく、アントニオ・ガローニに変わるということ。Ratingにちょっと違いが出て来るのではないかと懸念されていたので…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第6回CWGとのコラボワイン会開催のお知らせ

しばらく間が空きましたが、下記の要領で第6回CWGとのコラボワイン会を開催することとなりましたので、ご案内致します。 どうぞご検討下さい。ご参加のお申し込みはカリフォルニアワインガーデンまでお願い致します。 日時:9月24日(土)19:00~ 会費:12,000円(お食事付き) 場所:麻布十番カリフォルニアワインガーデン 電…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

80年代ワイン3本

ADV「カリフォルニアテーマ別テイスティング」講座の2回目。テーマは「カリフォルニアワイン熟成のポテンシャル」。 ワインの熟成をもたらす要素等々を座学で学んだ後、6種類のワインを試飲。フルーツの香りとノンフルーツの香り(例 葉巻、枯れ葉)のどちらが感じられるかを見ながら、どのような熟成を見せているかをさぐります。 講義中、先生か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Quilceda Creek 2011 Fall オファー

Quilceda Creekから秋のオファーが来ました。 パーカー高得点で有名なカベルネは春のオファーで、秋は異なるワインのオファーです。 2008 Galitzine Vineyard Cabernet Sauvignon $98 2008 Palengat Proprietary Red Wine $85 2008 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RED CAR The Aphorist 2007

久しぶりにRED CARを開けてみました。 2007 Sonoma Coast Pinot Noir Bartolomei Vineyard "The Aphorist" 外観は透明感のある濃いルビー色。 赤系ベリーやしおれたバラ、少しコーヒー。 そして何よりも鉄錆が印象的です。タンニンも歯茎に強く感じられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タワシタ

「たわした」、その名前を初めて聞いたとき、どう仮名漢字変換すれば良いのか頭の中で一瞬悩んだものですが、正しくは「タワシタ」 東京タワーの下にあります。ちょうどこんな感じ。 住所はもとより電話番号も非公開のレストラン「タワシタ」。 サインも何も無いビルにありました。 レストラン内は、静かで落ち着いた雰囲気。料理はア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sandler Clos Pepe Vineyard Pinot Noir 2009

3月にも飲んだSandlerのClos Pepe Vineyard。しばらくぶりで開けてみました。 先ずは結構タンニンがはっきりしていてびっくり。大きな変貌です。 香りは赤ベリー系の果実に、紅茶、コーヒーなど。 3月に飲んだ時は兄弟ワインのKeefer Ranch同様、まろやかでバランスのとれたワインだったのですが、Edさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シャトー・ムートンワイン会

ちょっと日付は前後しますが、23日にワインスクール同窓生Oさんが開催されたシャトー・ムートンの会に参加して来ました。 これはOさんがかねて集められたムートンを垂直で楽しむと言う趣向の会。ボルドーのワインばかりを楽しむ会は久しぶりの事です。丁度この日はADVでカリフォルニアワインテイスティングの授業があり、それを終えて駆けつけたのでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合計何点?

25日は私の??回目の誕生日。おかげさまでこの1年、病気をすることもなく健康に過ごす事ができました。これからの1年も健康に過ごせればと願っております。 そんな日、ワイン仲間のUさんとVさん、Eさんが誕生祝いに集まってくれました。場所はご存知三軒茶屋「のみ山」。 1本目は白でとKongsgaard The Judge 2007…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアワインテーマ別テイスティング@ADV

7,8,9月に合計3回講義が行われるアカデミーデュバンの「カリフォルニアワインテーマ別テイスティング」に参加して来ました。 第1回は「ジンファンデルを通して見るカリフォルニアのテロワール」と言うもの。 ご存知のとおり、カリフォルニアは寒流の影響が葡萄栽培に大きく影響を及ぼしていますが、葡萄が栽培された場所が海から近いか、少し離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Luli SLH Chardonnay 2010

株式会社ilovecalwineの新しいワインは、Luli Chardonnay SLH 2010。 Luli は、マスターソムリエでもあるSara Floydのアイデアで2007年に始まりました。彼女は、美味​しく、もっと手頃な価格のワインを作りたいと考えており、この点​でPisoniと考えが一致しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lucia と Pisoni

いまだにLucia(英語読みではルシア、巷間呼ばれるルチアはイタリア読み)はPisoniのセカンドと見なす方がいらっしゃいます。しかし、それぞれのブランドを注意深く見てみると、決してPisoniになれなかった葡萄で作られているのがLuciaでないことが判ります。 Pisoni Estate Pinot NoirはPisoniが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dehlinger RRV Pinot Noir 2008

先月ワイナリーでの試飲時に購入して持ち帰ったワインです。 先ずは黒系ベリーの香りが穏やかに広がって、多くの人がDehlingerに魅かれる理由が判る気がしました。 その後、コーラ、コーヒーの香り。タンニンはとても​マイルドで口腔内にはアピールしません。ちょっと樽に起因するのでしょうか樹脂っぽい香りも少々。 する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kistler 2001水平会

ワイン仲間のuさんがアメリカで集めて持ち帰られた2001年ヴィンテージKistlerシャルドネを水平で飲む趣向の会。場所は三軒茶屋のみ山。 登場するワインは事前にお知らせがあって Camp Meeting Ridge 2002 (これだけ2002年。ちなみにKistlerがCamp Meeting Ridgeを使っていたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Peter Michael 2011 Fallオファー +追記

Peter Michaelから秋のオファーが来ました。 今回は驚いたことにMoulin Rougeの初オファーがあった他、Estate Pinot Noirのオファーもついて、一気に種類が増えました。いつもソーヴィニオンブランしか買ってないのですが(笑)Pisoniを扱っている身としては。Moulin Rougeは飲んでみなくては。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wine Advocate #195

担当を後進に任せつつあるRobert Parker。以前アナウンスがあった通り、カリフォルニアの2001年の評価を今回行っています。 100点には 2001 Abreu Cabernet Sauvignon Madrona Ranch 100 2001 Abreu Cabernet Sauvignon Thorevil…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

August West Rosella's Vineyard Chardonnay 2009販売好調

楽天「カリフォルニアワインあらかると」さんでAugust Westのワインを販売継続して頂いています。 なかでも2009年ヴィンテージシャルドネの販売が好調です。 しかしながら、2008年では10ケース輸入できたものの、2009年はわずか5ケースしか輸入できませんでした。総生産量72ケースですから致し方ありません。どうぞお早め目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pinot Days 2011 (3)

久しぶりに会うPeter Cargasacchi氏。 2008年のCargasacchiは酸が豊か。ちょっとしゃりしゃりした感じも。2009年はやはりタニック。 写真はClos PepeのWes Hagen氏。 07,08,09のピノノワールが垂直で出ていました。2008年は霜害があって生産量がとても少なかった年。酸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pinot Days 2011 (2)

Eric Kentは廉価版のピノノワールSARAPOを新しくリリースしていました。価格は$20とのことでしたが、とてもバランスの良い味わい。 しかし、その後通常のEric Kentを飲んでみると格違いを感じさせます。2009のStirling Vydは酸もタンニンも強いワイン、一方2010年のバレルサンプルは2009よりマイルド。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pinot Days 2011 (1)

18日土曜日は旅のメインイベント、Pinot Days 2011へ出かけました。今回はトレードチケットを発行して頂き、無料の上に11時から5時まで滞在できると言う恩恵を頂きました。場所は例年通りフィッシャーマンズワーフの西にあるフォートメイスン。 入場してまずグラスをもらいます。今年はロゴの無いブルゴーニュグラス。 今年は久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pisoni Vineyards and Winey訪問

次に訪ねたのは株式会社ilovecalwineが輸入しているPisoni。ご存知の通り葡萄畑はSanta Lucia Highlandsにありますが、醸造はSanta Rosaのビジネスパークにある設備で行われています。同じビジネスパーク内には、SaliniaやCarol Shelton、また昨年訪問したBjornstad等もあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more