I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第27回CWFCワイン会(Aug 5,2006)

<<   作成日時 : 2006/08/06 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


昨日、神楽坂s.l.oで27回目のCWFCワイン会が開かれました.
8月を迎え暑さも本番となった中、今回のワインはスパークリング、Rose、SB、CH, PNと涼しげなラインアップとなっています.ワインは、
1. Kosta Browne Rose PN 2002
2. J Sparkling
3. Long Board SB 2005 (Blind)
4. Rochioli CH Estate 1999
5. Kistler Vine Hill Vyd CH 2003
6. Davis Binum PN 1994 (Blind)
7. Siduri PN Cargasacchi 2001
8. Kistler Kistler PN 2003

1.のKB Roseは2002.私が先日飲んだのは2005でしたが、3年を経てもフレッシュな味わいでした.Roseはちょっととおっしゃる方も結構いらっしゃますが、このRoseは好評でした.
2.のJは時々見かけるもの、飲むのは今回が初めて.柑橘系の味わいで夏のワイン会を始める乾杯にぴったりなスパークリングでした.
3.はブラインド.まず見るからにSBの色.しかも新しい.そんな調子で最後の3人に残ったもののじゃんけんで敗退.ナパさんのヒント『Jに関係ある』でわかるべきワインでした.実は6月アメリカに行く前にLong Boardのホームページを読んでいましたし、Long Boardのワインメーカが元Jのワインメーカであることは書いてありましたので.HealsbergにTasting Roomがあると書いてあったので、ワイナリのアポイントの合間にHealsbergをたまたま通りがかったとき探してみたのですが、地図がなかったために見つけられなかった次第.
4.は2本のワインをそれぞれ比べると、片方が香りも良く、味わいも少しフレッシュで美味しく、結構ボトルの個体差があると話題になりましたが、コルクも片方はJ.Rochioliで美味しいと思われた方が通常のRRVと違っていたようです.
5.は今年高い評価のKistler Vine Hill CH.このワインも好評でしたが、もう少しじっくり量を飲むと良さがより実感できるかも.
6.はまたまたブラインド.ワイナリはあまり知られていないところだが、ワインメーカは有名とのヒント.ワインは透明感のあるルビー色で、熟成が始まっている印象.Gary Farrellが一瞬頭をよぎりましたが、Rochioliは有名だしと逡巡.Davis Binumにも参画していたのは後になって思えばこれまた読んだ覚えがありました.ちょっと記憶力が落ちたようです.商品は1978のFetzer PN.どんな味わいでしょうね.
7.はSiduri.最近飲むSiduriの方が濃い印象です.Cargasacchiはどこが作ってもボトル差がでるなとのお話.
8.はまだ寝かせておいた方が良いみたいです.ちょっと酸味も強かったかも.

真夏の昼間、涼しげなワインの数々で豊かな心もちになりました.
ナパさん、s.l.oの皆さん(+出稼ぎSさん)、ありがとうございました.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず豪華なセレクションですね。Siduri飲みたかった〜(>_<)Kistlerの登場率って高いですよね。しかし、この後レアなヒッチング・ポスト1本飲んだなんて、凄い!飛ばしてますね♪
ロビ
2006/08/07 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
第27回CWFCワイン会(Aug 5,2006) I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる