I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS Pinot Days 2011 (3)

<<   作成日時 : 2011/07/01 10:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

久しぶりに会うPeter Cargasacchi氏。
2008年のCargasacchiは酸が豊か。ちょっとしゃりしゃりした感じも。2009年はやはりタニック。

画像

写真はClos PepeのWes Hagen氏。
07,08,09のピノノワールが垂直で出ていました。2008年は霜害があって生産量がとても少なかった年。酸がとても強い味わいに思えました。

画像

最近Wine Spectatorで高得点を連発しているSojourn。左は社長さん。
2009 Rodger Creer Vyd Sonoma Coastは、ちょっと舌にぴりっとくる感じがあったものの、美味しいピノ。2009 Sangiacomoはちょっとタニック。2009 Gap's Crownはとても美味しい。Gap's Crownはちょっと人気が無かったりするのですが、これは美味。あんダーザテーブルワインの2009 Ridge Topはバランス良く美味しいワインでした。

メモは取ってませんが、このワインも美味しかったですよ。
画像


画像

07,08,09と並んだPelerin。
ここも安定的に美味しいワインを作るところです。「日本でROARを取り扱っている。」と話すと興味津々のご様子。

Siduriは立寄、ご挨拶のみ。
画像

SiduriとNovyを手に持つAdam Lee氏。

数年前のPinot Daysセミナーで試飲して気に入っていたOlson Ogdenへ。
2008 Mendocinoはタンニンも溶け込んで美味しいワイン。2008は山火事があって、Mendocinoのワインの中にはバーベキュー風味のワインもあると言いますが、これは美味しい。2009 Manchester Ridgeは冷涼な土地故か酸が強め(過ぎ)。2009 Alder Springsも同様。

Native9
Alta Marieはラズベリーやチェリーの香り。
2008年のNative 9は100% Whole Clusterだそうです。これはバランスも良く美味しいワイン。好きになる人も多いのでは?

Ketcham Estate
2009 RRVはスパイス、ラズベリーにタンニンが強く感じられます。
2009 Ketcham Estateはストロベリーにタンニン。

画像

会場で出会ったかんちゃんに教えられて訪ねたCartograph。全然知りませんでしたが美味しいワインでした。

試飲を重ねて手はワインでご覧の通り。
画像


会場は大賑わい。
画像


例年通り、終了後はフィッシャーマンズワーフを散歩し酔い覚ましを。
画像

画像

画像

小腹も空いたのでクラムチャウダーを
画像


来年もまた参加したいものですPinot Days!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Pinot Days 2011 (3) I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる