I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年ヴィンテージも期待できそう

<<   作成日時 : 2010/09/07 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カリフォルニアピノノワールに関して、2007年は非常に良いヴィンテージでした。その分と言うか、春の霜害でスタートした2008年はウィークなヴィンテージになるのではないかと想像していました。さらには山火事の影響でメンドシーノ方面のワインには、バーベキューのような香りがついたものもあると耳にするようになり、一層そんな思いが増したものです。
2010年のPinot Daysでは、やはりメンドシーノ地域はちょっと劣勢なイメージ。その代わりと言うか、元気を出していたのは霜害も山火事も影響を受けなかったサンタルシアハイランズの葡萄を使ったピノノワールでした。先日リリースされたWine Advocate #190でもセントラルコーストのワインに良い評価を得たものがあったことも、その一つの証と言えましょうか。Pisoni Estate Pinot Noir 2008は98 pointsを得る等、史上最高評価を得たものもありました。
#190の評価にびっくりされている方も多いことでしょうが、私は2009年にもう期待を寄せています。6月末にPisoniのワイナリを訪問させてもらってPisoni Estateの2009年をバレルから試飲させてもらったのですが、リリースは来年だと言うのに、もうバランスも良く美味しいのです。Pisoniだけでなく、ROARやAugust WestのワインメーカーであるEd Kurtzmanさんも、春の時点で2009年は今までの中で最良と言っていました。
そこで、改めて昨夜2009年ヴィンテージの印象を聞いてみると(サンタルシアハイランズに限定した問いではなく)、
"I think 2009 is a good combination of 2007 and 2008. It has the ripeness and power of 2007, and it also has the higher acidity and delicacy of 2008. "
と素晴らしいコメント。
これは2009年ヴィンテージは良いワインに違いないと今から期待しているところです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年ヴィンテージも期待できそう I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる