I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 6th Pinot Days Grand Tasting on June 27

<<   作成日時 : 2010/07/02 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年もサンフランシスコで開催されたPinot Daysに参加して来ました。第6回と言いますから、第2回から参加しているので早くも5回目になります。第1回は40程の参加ワイナリだったと聞きますが、今回はその数なんと220。とても全部回れる数ではありません。参加ワイナリが増えている傍らで、MacPhail, PEAY, Dain等今年は参加していないワイナリもありました。また、例年会場で顔を合わせると、注目すべき美味しいワインを教えてくれたおじさん二人組に会えなかったことも残念な出来事でした。
開場前に入場を待つ人の列は昨年に比べると随分短くて、来場者が減っているのではないかと気になりましたが、始まってみると多くの入場者がありました。
画像


ブースを回ったワイナリは、
Aubin,
August West,
Boekneoogen,
Bohemian,
Ca'Momi,
Calera,
Chronicle,
Cima Collina,
Coho,
Coterie,
Eric Kent,
Fort Ross,
Foursight,
Freeman,
Fulcrum,
Futhermore,
Gundlach Bundschu,
Halleck,
Hope&Grace,
J, Jalama,
JCB by Jean-Chrales Boisset,
Jim Ball,
Joseph Swan,
Kanzler,
Keefer,
Londer,
Maboroshi,
Mueller,
Native9,
Pelerin,
Periple,
Pfendler,
Pisoni,
Sequana,
Sojourn,
Tantara,
Weibel,
WesMar,
Willowbrook,
Zepaltas
の40ワイナリ。
数的にはこの辺りが限界でしょうか。それぞれのワイナリで昨年よりは多くのワインをテイスティングしたと思います。かなり酔っぱらいました。良い印象をもったのは昨年に続いてBohemian、やはり葡萄が良いのかKanzler、初めて見たHalleck辺りでしょうか。

久々に会いお話できた人たちもいました。Native9のJames Ontiveros氏やTantaraのJeffery Fink氏。Jefferyは、「東京のあのレストラン、何て言ったっけ?今年は無理そうだけど、来年はまた行きたいね。」と話しておりました。

WesMarのDenise Selyemさんには初めてお会いしました。オリジナルWilliams SelyemのEd Selyemさんの娘さんです。Ed Selyem氏は初めてメーリングリストの仕組みを作った人でもあります。
画像


これからちょっと考えようかなと思うサンプルも入手できたので、有用なイベントとなりました。
画像


会場となったFort Masonはタクシーが捕まらない場所なので、帰りはいつもの様に先ずFisherman's Wharfまで散歩。名物のクラムチャウダーを頂きました。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6th Pinot Days Grand Tasting on June 27 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる