I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS Kosta Browne RRV PN 2003-2008垂直ワイン会

<<   作成日時 : 2010/05/03 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィークとは言え特に予定がある訳でもなく、暑くなる前にセラーに少しでも空きスペースを作りたいと言うこともあって、ワイン会を開きました。今回のテーマはKosta Browne Russian River Valley Pinot Noirの2003年から2008年の垂直。昨年Kosta Browneのワイナリを訪ねた際に、3年から5年が飲み頃との話もあったのですが、実際のところはどうか試してみようと考えた訳です。Kosta Browne人気が爆発する直前の2003年ヴィンテージは、まだワインショップで購入できるところもありました。いつかこんな比較がやりたいなと毎年1本ずつ残して来ていたのです。
画像


Kosta Browneの垂直に入る前に、この日カリフォルニアワインガーデンの棚卸しで発掘された1994 Wordplay Santa Barbara County Chardonnay Produced By Au Bon Climatを頂きました。ちょっと変わったラベルのワインです。
画像

画像

色はもう濃い目の黄色。柑橘とかではなくアプリコット等が感じられます。品種を当てるのも難しそう。置いているとちょっとマーマレード的な雰囲気も感じられるようになりました。

さて、本題の垂直。
リリースされて間もない2008は比べるにはちょっとかわいそう。少しまだ不安定でシュワシュワ感もあり、寝かした方が良さそうです。2007も漸く落ち着きがでてきたところで、良い年だと言われるだけに本領発揮はまだ先の様です。2006はちょっとウィークな年。強い2007が出て来た時には重宝されましたが、Kosta Browneみたいなワインだと余計弱さを感じます。最初に「おお!」と思わせてくれたのは2005。黒ベリー系をベースにした香りがとても豊かで、これは誰が飲んでも美味しいと感じる事でしょう。ご参加の皆さんも同じご意見でした。一気に期待が高まり次の2004へ。これは果実味豊かでRRVらしいスパイシーさも感じられますが、2005のような芳醇な雰囲気はなく、まだ若ささえ感じさせます。最後の2003は再び素晴らしいワインでした。旨味まで感じられます。カリフォルニアのアペラシオンワインと言えど寝かして行く事で熟成して行くことを確かめられたワインでした。こうなって来ると良いヴィンテージであったと言われる2002が欲しくなる所ですが、残念ながらそれは無し。
ワイナリで聞いた3-5年で楽しむよりも、できるものならもう少し寝かせると素晴らしい香り、味わいを経験させてくれることが判りました。
最後に親父ギャグで「桃栗3年、ピノ7年!」。あながち外れていないと思いますよ。
もう1セット持っているSonoma Coastの方は、もう少し寝かせて8-10年の期間の中でどうなってくるか見てみたい気持ちになりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。



【計1万円で送料無料】コスタ・ブラウン ロシアン・リヴァー・ヴァレー ピノ・ノワール [2006]【代引手数料無料】Kosta Browne
ワインレッド
【ポイント!】★赤ワイン:辛口:フルボディ★ソノマのトップレストラン「John Ash」で働いていた

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kosta Browne RRV PN 2003-2008垂直ワイン会 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる