I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS ROAR Garys' Vyd PN 2008

<<   作成日時 : 2010/04/13 12:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前のROARは結構樽のオークが私には強く感じられてリリース後すぐには飲み難いワインでしたが、ワインメーカーがEd Kurtzmanさんになってどうなのだろうと試すつもりで1本開けてみました。この春リリースされたばかりの2008年ヴィンテージです。
画像


グラスに注がれたワインは濃いルビー色。
ブラックチェリーやブラックベリー等の黒系果実に、バラの花や、花の蜜を思わせるちょっと艶やかな香り。以前程オーキーではありません。しばらくしてちょっとオークのローストした香りが強くなり、タンニンが口腔内をしぼませるような感覚がありました、ほどなくまたバランス良くなって来ました。
寝かせばもちろんもっと美味しくなるポテンシャルは持っているワインですが、結構早くから楽しめる奇麗な味わいのワインになったようです。

この日は三軒茶屋「のみ山」さんの料理とともに、さっと1本飲めてしまいました。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ROAR Garys' Vyd PN 2008 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる