I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS Step3第15回@ADV

<<   作成日時 : 2010/03/02 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Step3の講義もこれが最終回。本来の木曜クラスに今週は参加できないため、最終回ながら振替で火曜日クラスに参加しました。

今回のテーマはカベルネソーヴィニオンの続きで、フランス以外の生産国アメリカ、オーストラリア、チリ、南アフリカについて学んだ後、1855年のメドックの格付けを見直そうとした私的格付け、とりわけLiv-exの格付けについて講義を受けました。

その後テイスティング6種類。
1.のワインは、少しオレンジを帯びた透明感のあるガーネット。粘性は中程度。カシスや青っぽいピーマン香。渋みや酸味は中程度。余韻は短め。ワインは何と中国のDragon Seal 2007, 1,800円。北京近郊で作られたものだそうです。
2.のワインは黒味を帯びたルビー色。粘性は多め。熟したリキュールを思わせる黒系果実。ユーカリやハーブ。アタックは強めで甘い果実味が印象的。濃いワイン。
ワインはオースオラリアのPenfolds BIN 707。18,795円
3.のワインは、やはり濃いルビー色。カシス、ブラックベリー、ハーブやユーカリ、さらにスパイス。たっぷりとした果実味に、タンニンは多めながらきめ細かいワイン。
ワインはチリのVina Errazuris Vinedo Chadwick 2006。15,750円。とても高価なチリワイン!
4.はやや濃いめのガーネット。カシスジャムにややピーマン香。葉巻等。柔らかいアタック。少し弱いワイン。
ワインは南アフリカのVergelegen V 2003。15,750円。
5.のワインはエッジに少しオレンジが入ったガーネット。カシス、腐葉土、ピーマン。土っぽさがあります。味わいははっきりとした酸に渋みは中程度。
このワイン、何とCh. Latour 1993でした。42,000円と値段にもびっくり。まだまだ後10年は置いておいた方が良い味わい。
6.はテイスティングコメントを指名されたワイン。どうもカリフォルニアの印象。
エッジにオレンジが入ったガーネット。レッグスは多め。ブルーベリージャムやチョコレート。杉を感じさせる香り。タンニンがこなれ、渋み、酸味とも中程度。余韻は長め。とてもバランスがとれたワイン。
ワインはDominus 1992。26,250円。

画像


最終回は良いワインが期待できる回でしたが、さすがのラインアップ。5は少しまだ酸が強かったのですが、正体(?)を聞いて全部飲みました(笑)。6は文句無く美味しかったです。これももちろん全部飲みました。
最後にStep3終了の認定証を頂いて、全ての講義を終了しました。
Step3はなかなか良いワインが出されますし、葡萄品種毎にまとめられたテキストが良くできていて、今後も役立ちそうです。そう言う意味で、受講する価値がある講座だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Step3第15回@ADV I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる