I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯山ユリさんのワイン講座@Manner-Bo

<<   作成日時 : 2010/01/17 18:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

土曜日夜はソノマ在住のワインジャーナリスト飯山ユリさんのワイン講座に参加すべくManner-Boへ。
今回は「ワインカントリーを徹底味わう」と題して、ワインカントリーを訪ねる際に目的を明確にして行くことの重要性、季節やテスティングの選択の仕方等々についてお話を伺いました。
この中で取り入れたいなと思ったことの一つは、現地でアロマパレットに登場するフルーツやハーブを購入して食べてみること。私も以前「フルーツテイスティングワイン会」と題してワインの香りに例えられるフルーツを食べてみるワイン会をしたことがありますが、いろいろなフルーツを揃えるのは結構大変です。ナパ等のグローサリーにでている食材を眺めてみたことは多々ありますが、実際に購入して食した経験はまだありません。きっと現地ならではの勉強ができるのではと感じました。
また、お話の中で、カリフォルニアワインのReady to Drinkなスタイル(リリースされてすぐに飲めるし、また瓶熟成もできる)が世界中のワインに与えた影響のお話や、カリフォルニアワインのヴィンテージを考える際に春の霜害等天候的な要因がどうであったかだけではなく、ワインメーカの移動による変化、ワイナリの経営方針変更による変化もまた斟酌しておかなければならないことについては、改めてではありますが面白く拝聴しました。
画像

お話が終わったら次はワイン会。今回のワインは
1.Rochioli Sauvignon Blanc Russian River 2006
2.Ramey Chardonnay Russian River 2007
3.Etude Pinot Noir Carneros 2004
4.Storybook Zinfandel Napa Valley 2006
5.Hill Family Barrel Napa Valley 2005
6.Rubicon Cask Napa Valley 2003
それに私がManner-Boに以前残しておいたPalmina(Sangioveseベースブレンド)とRed Car(Syrah)
最近ジンファンデルの多様性に興味があることもあって、今回印象的だったワインは4. 濃いタイプではなくエレガント。ブラックベリーやチェリー等のクリーンな美味しさが印象的でした。

ご参加の皆さんの話も盛り上がり、楽しいワイン会になりました。
飯山ユリさん、そしてManner-BoのOさん、ご参加の皆さん、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯山ユリさんのワイン講座@Manner-Bo I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる