I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS Rochioli, Kistler & Tantara

<<   作成日時 : 2009/12/26 13:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

クリスマスのワインに3本を.

先ずはRochioliのソーヴィニオンブラン2008.
温度が下がるまでは青草の香りが支配的だったものの、適温になるとパイナップル等のフルーツが豊かに感じられて、あぁRochioliのソーヴィニオンブランだなぁと言う感じ(抽象的ですが).
画像


次はKistler.
2009年秋リリースのNews Letterに"2002, 2003年が美味しくなっている"と言うようなことが書いてあったのが頭にありました.ふとセラーを見るとSonoma Coast 2003 PNが1本残っていたので美味しい時に飲もうと開けた次第.
しかしながら、酸が一杯に元気で飲み時とはちょっと違ったみたいです.
画像


持って行っていると開けてしまう悲しい性で3本目.Tantara 2002 PN La Grande Colline Arroyo Grande Valley.
わずか22ケースしか生産されなかったTantaraのスペシャルワイン.以前フランスワインと対決を行った際に期待を裏切ってしまい、やはり果実味主体のワインは早めに楽しんだ方が良いのかと思わせてくれたワイン.また2年を経て飲んでみると結構酸が出て来ています.あのまま落ちてしまうのではなくまだ変化を続けていたのですね.このワイン後2,3年後にどうなるか楽しみになりました.
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Rochioli, Kistler & Tantara I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる