I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS STEP3第1回@ADV

<<   作成日時 : 2009/10/23 16:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月開講の講座の中から、葡萄品種と有料生産者について学ぶSTEP3を受講することにしました.今回はその1回目.過去にワイン会で2回ご一緒したNさんとばったり.またカリフォルニアワイン会をしましょうと言うお話に.

今回の授業では、生産地ではなく品種をうたったワインが出て来た経緯等を聞いたあとで、世界品種ではない今後注目のオルタナティブ品種を学びテイスティング.
画像

ワインは、
1.スペインルエダ マルケス・デ・リスカルのベルデホ「ルエダ・レゼルバ・リムーザン2007」
2.カリフォルニア タビュラス・クリークのルーサンヌ(70%)、グルナッシュブラン、ピクプールブラン「エスプリ・ド・ボーカステル・ブラン2005」
3.オーストリアヴァッハウ FXビヒラーのグリューナー・フェルトリナー「"M"スマラクト2004」
4.ワシントン マックレイセラーズのムールヴェドル(84%)、シラー「シェル・デュ・シュヴァル2006」
5.イタリアトスカーナ レマッキオーレのカベルネフラン「パレオ・ロッソ2002」
6.スペインビエルゾ デスセンディエンテス・デ・ホセ・バラシオスのメンシア「フォンテラス2004」

ブラインドテイスティングの後に、個々のワインが紹介されるたびに、こんなに良いワインが出ていたのかと感嘆.しかし、普段ピノノワールを愛飲する立場からはどれもちょっと力強すぎたり、酸が強すぎたりで好みの域からは外れていました.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
STEP3第1回@ADV I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる