I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS KistlerとEchezeau

<<   作成日時 : 2009/09/10 13:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

少し時間が経ってしまいましたが、8月31日に飲んだワイン.
麻布十番のフレンチ「エルブランシュ」に持ち込みさせてもらいました.
画像

KistlerのシャルドネはHirsh Vyd 2002.Hirsh Vydの葡萄を使ってシャルドネもピノノワールも作られていましたが、この年2002年を最後にラインアップから無くなってしまいました.
Kistlerのシャルドネらしい、少し濁ったライトイエロー.コクがあると言うか、重厚な味わい.オレンジを思わせる果実がまだまだ若々しく感じられましたが、時間をおくにしたがって落ち着きのある香りになって来ました.
ピノノワールはEchezeauではあるものの、自分で開けるのは初めてのDRC.ブルゴーニュにとってあまり良い年ではなかった2000年は4,5年前だと$300以下で買えたのです.今となっては2000年と言えどもそうは行きませんが.
透明感のあるルビー色.2000年、今飲むと丁度良いのかも知れません.ストロベリーやチェリー等の赤ベリー系果実があふれ、スパイスも感じられます.酸は程よく、マイルドな味わいと余韻が長く口中に残ります.普段のカリフォルニアワインよりずっと低いアルコール度数に、のんびり最後まで余韻を味わいました.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KistlerとEchezeau I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる