I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「神の雫」遠峰一青のおかしなナパヴァレーワイントレインの旅

<<   作成日時 : 2009/06/20 11:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

この漫画にカリフォルニアワインが登場することはないだろうと思っていたところ、第7の使徒は所謂新世界ワインで遠峰一青がナパに出掛ける進展になったので、さっそく週刊モーニングを買って来ました.

さて、今週号に関するレポートは既にAndyさんも書かれていますが、いろいろおかしな記述がある中で私が一番残念だったのはナパヴァレーワイントレインが通過する場所の方位がまるで滅茶苦茶なこと.

ナパヴァレーワイントレインは日本人客の誘致にも力を入れているようです.ちゃんと日本語のサイトが準備されています.サイトには地図も掲載されていて、ナパ"McKinstry Street Station"を出発した列車は、ヨウントヴィル、オークヴィル、ラザフォードを経てセントヘレナの終点へ向かうことが書かれています.

ナパヴァレーワイントレインの地図を見なくとも、これらの地区の南北の位置関係は調べればすぐ判ることですが、漫画の中、列車が発車して暫くのところで「この辺りはまだナパ・ヴァレーの"アペレーション"-フランスで"アペラシオン"と呼ばれる地域名でいうと南の端に位置するカーネロス地区だ」と言い、少し列車が走って後「さぁもうじきオークヴィルを通り過ぎる さらにヨウントヴィルとナパを越えれば有名な「スタッグス・リープ」がある」等と書いてあります.
いや酷い話です.

たかが漫画じゃないかとおっしゃることなかれ、YOMIURI ONLINEの記事によると、先ごろイギリスデカンタ誌がワイン界で最も影響力のある人物を選ぶ「パワーリスト」を7月号で掲載し、亜樹直の姉弟が50位に入ったそうです.

カリフォルニアワインに対する考えを遠峰一青やローランに語らせるのは良いですが、影響力があるだけに基本的なことぐらいはちゃんと調べて書いて欲しいものです.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。突然のコメントにて失礼いたします。
ブログ&神の雫に登場しているワイントレインです。弊社へのリンク等ありがとうございます。

ワイントレインのワインの品揃えについてですが、車両及びワイントレイン内のワインの品揃えは400種類以上です。ナパバレーに点在するワイナリーのワインを短時間で一度に試せ、買う事ができます。そして、他のワインショップより、お値段がお得なのも人気の秘密です。
さて、スタッグス・リープワイナリーですが、Andyさんのおっしゃる通り、確かにワイントレインから見る事はできません。が、ワイントレインのワイナリーツアーの中に、アンバサダーツアーというものがあります。このツアーは、シルバラードトレイル沿いを走るので、スタッグス・リープワイナリーを見る事ができます。もしかしたら、このツアーを遠峰一青さんは、意味していたのかもしれませんね。
突然のコメントにて失礼致しました。これからも、たのしみに読ませて頂きます。
何かご不明な点がありましたら、ご連絡下さい。nihongo@winetrain.com
ワイントレイン
2009/07/02 08:44
ワイントレインさん、コメントありがとうございました.御社が日本語サイトや日本語のパンフレットを用意され、あるいは海外営業担当の方が来日されて、日本のカリフォルニアワインファン拡大に向け努力されていることは存じ上げておりました.今回「神の雫」で取り上げられましたことは、ナパヴァレーワイントレインを利用する日本からのお客さん拡大に繋がることと思います.それだけに漫画を見て利用するお客さんに誤解を招いたり、あるいはお客さんと対応する現地スタッフと齟齬が生じることは好ましくないことと考えます.私はワインの品揃え等までには敢えて触れませんでしたが、方位さえ確認せずに書かれた内容には不快感を禁じえずこの記事を書きました.ご理解下さい.
ナパヴァレーワイントレインを利用される日本からのお客さんが増え、ひいては日本のカリフォルニアワインファンが増えることを願っております.
takuya
2009/07/02 11:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「神の雫」遠峰一青のおかしなナパヴァレーワイントレインの旅 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる