I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3回アメリカワイン基礎講座@ADV

<<   作成日時 : 2009/06/14 14:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3回目の今回はカリフォルニアで栽培されるちょっとマイナー系の葡萄についての講義.もともと南フランスなどと気候が類似しているため、良い実をつけると言うお話.
そこからジンファンデルの話へ.
UCデイヴィス校キャメロン・メレディス教授によるDNA鑑定の結果、クロアチアのツールイェナック種と同種であることが判明した話などを含め、病害に強い話などを聞く.果皮はあまり厚くなく、本来濃くならない品種であると聞き、昨年のPapapietro-Perryのまるでピノノワールのようなジンファンデルが存在することも納得.

試飲は写真を撮り忘れたものの、全6種.
(1)は白ワイン.薄い黄色.脚の出る粘性.白い花や熟した桃を思わせる香り.酸味が柔らかく、余韻は中程度.ワインは、Santa Barbara Jaffursのヴィオニエ 2007でした.
(2)以降は赤ワイン.透明感のあるルビー色、脚の出る粘性.スパイスとしっかりした酸が印象的.アフターにほのかな甘みも感じられる.これはシラー?と思ったものの、実際はブレンド.Thackrey Pleiades VI.シラーを中心に、バルベーラ、カリニャン、プティシラー、サンジョベーゼ、ヴィオニエのブレンド.今回は馬小屋的香りは感じられず.ブレンドでNVのワインながら、生産年によって差が出るのか?
(3)(4)(5)は赤3種の飲み比べ.結果的にはジンファンデルの比較.(3)はブラックチェリー、スパイスにステミーなもの.(4)は一転して熟した果実を感じさせ、タンニンもまろやか.(5)はタンニンが結構力強く、3つの中では一番飲みにくいイメージ.(3)は、2006 Sousal Alexander Valley、(4)はCline Cellars Contra Costa Big Break 2007、(5)は同じくClineながらとなりの畑のBridge Head 2006.土壌の差でタンニンや果実の出方が全然違うのが面白い.
(6)はデザートワイン.Rosenblum Viognier "Late Harvest" Lost 34 NV.Lot 34とは、2003と2004のロットを間違えてブレンドしてしまったため、NVになってしまったものとか.
混ぜてしまった話はどこかでも聞きましたね(笑)

授業の後はCWGで先生お二人を交えたクラス会.
Qupeのグルナッシュなどを頂きました.ありがとございました.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第3回アメリカワイン基礎講座@ADV I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる