I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2回初物ピノを飲む会@のみ山

<<   作成日時 : 2009/02/11 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ日本で馴染みの薄い、初めて飲むカリフォルニアピノを試してみようと言う会を三軒茶屋の「のみ山」で開きました.

1本目はシャルドネ.以前飲んでみたいシャルドネとして取り上げたものです.Parkerの掲示板では、Aubertを越えるシャルドネのような形容もありました.色は少し濁りのある黄色味を帯びたもの.ここはAubertに良く似ています.飲んでみると以外にミネラルがしっかり感じられて少々驚き.柑橘系の酸が心地良いワインでちょっとAubertとは趣が違うようです.しかし、時間とともに変化が期待できるもの.もう少し量を飲むと感想がまた変わるかも知れません.
画像


2本目はPeter Cargasacchi氏のPoint-Conceptionが出すピノグリ.ピノグリはワイン会で飲むことがないので、選んでみました.何とも綺麗なストロベリーカラー.ストロベリーやラズベリーなどの果実が美味しく、果実の甘みに杯が進みそうですが、アルコール度数は14.4%.調子に乗って飲みすぎると回ってしまうかも知れません.夏の暑い午後に冷やして飲むのに良さそうです.また、デザートワインに代えて使ってみるのも良さそうとの声もありました.
画像

画像


ピノの1本目は、現在カリフォルニアでもっとも優れたワインメーカの一人、Ed Kurtzmanさんがプライベートブランドとして少量造っているSandlerのピノ.ブレンドですが$30とお値打ちなもの.酸もしっかり感じられ、またとてもバランスの良いワインに仕上がっています.普段飲みにはとても良いワインに思えました.
画像


2本目は昨年のPinot Daysで非常に気に入った1本.Keefer Ranch 2006.
赤ベリー系の香りが豊かなワイン.でも、最初に飲んだときほどエレガントさを感じませんでした.もう少し時間を掛けて飲むべきだったか・・
画像


以降、私には睡魔が.最近睡眠時間が少ないのが効いたようです.
Santa Cruz Mountainで造られるHeart O' The Mountain.Pinot Daysでは2番目に美味しいと感じたワインでした.1月に飲んだ際はちょっと閉じた感じでしたが、今回は全開とは行かないものの持ち味を出してくれたようですと思いつつ船を漕ぎます.
画像

カリフォルニアワインファンクラブの有志がCrushPadで造ったピノ.
画像

Gary Pisoniの息子Jeff Pisoniがワインメーカを勤めるBaton.意外にエレガント.
画像

昨年ソノマに行った際、行く先々のテイスティングルームで薦められたBenovia.Sonomaなんですがスパイスを感じるワインです.
画像


と飲み進み、私が目覚めたところで1人3票で気に入ったピノノワールの投票を行いました.
1位 Benovia 8票
2位 Baton 6票
3位 Heart O' The Mountain 5票
(ワイン会参加者8名)
となりました.インポーターの皆さん、日本に入れてくださいね.

今回も、どんなワインがでるか分からない中、くるくんさんに腕を振るって頂きました.写真はメカジキ.梅胡麻が包んでいます.
画像


8)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2回初物ピノを飲む会@のみ山 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる