I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パーカーズ・ワイン・バイヤーズ・ガイド」第7版出版

<<   作成日時 : 2008/10/28 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

YOMIURI ONLINEの記事によると、「パーカーズ・ワイン・バイヤーズ・ガイド」第7版が出版されたそうです.

パーカーの担当はボルドー、ローヌ、プロヴァンス、カリフォルニアだけだそうです.
"ワイン・アドヴォケイトの影響力が大きいブルゴーニュの分野では"と書いてあるのですが、そうだったのでしょうか?
それはとにかく、今回は担当者もかわりバランスのとれたものになっているそうです.ちょっと気になりますね.しかし、そうであれば、カリフォルニアのピノの担当を合わせた方がとも思われなくもありません..

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
シルクネヒトは確かに、ロヴァンニとは違う評価をします。強い抽出を感じない作り手でも評価するのが特徴ですが、果実味の感じ方や香りの方向性までは他の評価誌の方と、どのように違うかは分かりません。
(特徴的なのはトルショーの評価が上がった事です)
ただご他聞にもれず、かなりWAの評価は影響大きいのは事実です。
確かに同じ評価者が褒めれば購入するきっかけを作りそうですね。 特に白が興味あるんですよね。
koichi
2008/10/28 16:03
koichiさん、お久しぶりです.ブルゴーニュとカリフォルニアピノ評価のバランスが取れないんじゃないかと気になるんですよね.
takuya
2008/10/30 17:37
こちらこそ、お久しぶりです。
そうなんですよ。競争するつもりは無いですが、ものさしとしては欲しいですね。
1回自分たちでいろいろと飲み比べてみたいですね^^
koichi
2008/10/31 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「パーカーズ・ワイン・バイヤーズ・ガイド」第7版出版 I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる