I love Calwine!

アクセスカウンタ

zoom RSS ワインエキスパート2次試験対策(赤ワイン編)

<<   作成日時 : 2008/10/12 14:24   >>

トラックバック 0 / コメント 1

白ワイン編で挙げたものと同じ前提で赤ワインについて考えて見ます.赤ワインはピノノワールを代表とする色の淡い赤ワインと、カベルネやシラー/シラーズの様な色の濃いものに分けてコメントを考えるのが良いと思います.

外観
テイスティングのワインは健全なものですから"澄み切った"、"光沢のある"を選びます.ピノノワールの様なワインの場合は、"淡い色合い"であり色は"ルビー色"です.濃いワインについては"濃い色合い"であり"ガーネット"と言えます.私などはピノノワールの色合いを濃いルビー色と書いたりすることがありますが、JSAの用語では濃いものはガーネットに分類する様です.グラスを傾けて一番ワインの深さが深いところでグラスの下に置いた紙の文字が見えない位に色濃いものは"ガーネット"です.テイスティングワインのエッジを見て、状況に応じて"淵にオレンジ色を帯びた"を選びます.また濃いワインでは"紫色を帯びた"を選択します.熟成したワインが出ることはまずありませんから"レンガ色(テュイレ)"を選ぶことはまずありません.
白ワインの時と同様にして斜めにしたグラスを起こした時に脚がでるかどうかを見ます.赤ワインではほぼ"脚のでる粘性"になるでしょう.
最後に、"スティル"を選びます.白ワインの時と同じく外観に関するコメント記入はほとんど時間を掛けることなく完了できると思います.

香り
(淡い色の場合)
テイスティングのワインは若いものが殆どですので"若いアロマに満ちた"を選びます.また、ピノノワールの様なものの場合は"シンプルな香り"と言えるでしょう(一般論ではなく、あくまでも試験に登場するピノノワールの場合です).
その他の香りとしては、"ブラックチェリー"(これは所謂黒ベリー、赤ベリーの両方に属するようなイメージで、赤ワインの場合は機械的に選んで大丈夫な様です)、"木苺"、"苺"、"フルーティー"、"なめし皮"、"すみれ"についてチェックし、感じられるものを選びます.
また、赤ワインの場合は木樽を使っていますから"木樽のニュアンス"を選んで問題ないと思います.いくらか熟成の雰囲気がある時には"腐葉土"も対象となるでしょう.JSAの模範解答では赤ワインでは品種を問わず"ジャムの様な濃縮感"がほぼ毎回選ばれており、これも対象とします.
(濃い色の場合)
"若いアロマに満ちた"、"ブラックチェリー"、"ジャムの様な濃縮感"、"木樽のニュアンス"は淡い色の赤ワイン同様ほぼ機械的に選択します.濃いワインの場合、"豊かな香り"や"濃縮感のある"、"カシス"も次に候補となります."バニラ"、"こげ臭"も重要な候補ですし、熟成感のあるものでは"タバコの葉"、"腐葉土"、"なめし皮"も加えて良いでしょう.また、JSAでは"しおれたバラ"も良く使われています.
シラー/シラーズの場合、品種特定のキーでもありますが"黒こしょう"が重要です.また、シラーズの場合は樽に使われるアメリカンオークに起因する"ココナッツ"が感じられるかも知れません.

味わい
(淡い色の場合)
白ワインの時に述べたのと同じ理由から、"心地よいアタック"、"軽く心地よい"、"バランスのとれた"、"現在飲み頃に入っている"、"心地よい渋み"、"辛口"はほぼ機械的に選択対象となります.
酸味としては"フレッシュな酸味"、"穏やかな酸味"から適合する方を選べば良いでしょう.
これら以外には"若々しい味わい"、"スパイシー"も選択対象になると思います.最後に口中の余韻を計って相応しいものを1つ選びます.赤ワインの場合は、回答すべきコメントの指定個数が多いですが、これらを押さえておけば不足することはないと思います.
(濃い色の場合)
基本は淡い色の場合に同じですが、色の濃いワインはより複雑性がありますので"複雑性のある"、"濃厚な"あるいは"濃厚な味わい"、"濃縮感のある"、"スパイシーな風味"を、淡い色のワインの軽さを感じさせる言葉と置き換えれば良いでしょう.また、タンニンの強さによって"収斂性のある"を加えても良いと思います.

コメントは毎年少しずつ変更されるようです.上記と正確に同じものがなくても、似たニュアンスのものを探してください.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど
偽ソムリエ予備軍
2011/09/07 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワインエキスパート2次試験対策(赤ワイン編) I love Calwine!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる